カンジダ膣炎を知っていますか?実は発症率が意外と高いもので、違和感を覚える部分から性病と勘違いされがちですが、カンジダ膣炎は性行為をしなくても発症する可能性があるんです。そんなカンジダ膣炎についての詳細や性病について詳しく見ていきましょう。事前に知識を得ていると対処の難易度が全然違います。

  • ホーム
  • 性病のクラミジアってどんな病気?

性病のクラミジアってどんな病気?

クラミジアは日本で最も多い性感染症の一つで、最も多い理由としてクラミジアは感染しても自覚症状が出にくいことがあげられます。
性行為によって感染するクラミジアは無自覚のまま性行為をしてしまい、パートナーへ知らないうちにうつしてしまう可能性もあるのです。

クラミジアの主な症状として、男性は尿道のかゆみや不快感、尿道から膿が出る、排尿時の痛み、発熱などがあります。
女性の場合おりものが増えたり、下腹部に痛みや不正出血が出たりすることが特徴的な症状です。
クラミジアの原因となる「クラミジア・トラコマチス」という細菌によって発症します。

自覚症状がないままクラミジアを放置すると、女性の場合は不妊の原因になったり、妊娠中であると早産や流産の原因になることもあります。
男性も、感染が精巣周辺まで進んでしまうと、精子を尿道に運ぶ精管が塞がってしまい無精子症の原因になるため男女共に不妊のリスクがある病気です。

女性の場合、約80%の人は全く自覚症状がないまま過ごしていると言われています。
ですが、妊娠中に感染すると胎児がクラミジアに感染するリスクや、最悪の場合流産してしまう可能性があり妊娠中の影響は大きなものです。
妊娠初期では流産の原因になることが多いものの、服薬は胎児に与える影響が大きいため通常は妊娠中期まで治療を待ちます。
妊娠中期以降は抗生物質の服用による治療も可能になりますが、後期までに完治できないと出産時に産道感染する可能性が非常に高いです。
産道感染により感染してしまうと赤ちゃんの命にかかわる危険な状態になることもあるため妊娠中の感染はリスクの多い状態となります。

このように自覚症状が出にくい病気であるのに、様々なリスクを抱えるクラミジアは早期治療を行うことが重要です。
治療には有効成分アジスロマイシンを含むジスロマックなどの効果的な治療薬を用います。
感染の疑いが少しでもある場合は検査を受け早期発見を心がけましょう。

治療薬にはジスロマックがおすすめ

クラミジアの治療で効果的なアジスロマイシンを含むジスロマックは現在クラミジアの治療で主流となっている薬です。
ジスロマックは症状が悪化している場合などを除き1回服用すれば治療が終わる薬です。
服用から3週間ほど経過してから再検査を行い陰性の結果が出れば完治とみなされます。

クラミジアの治療では、原因菌を一気に死滅させる必要があるのですが、これには菌を死滅させる効果のある薬の成分濃度を血中で高めなければなりません。
アジスロマイシンは感染している病原体に対して1週間から10日間ほど効果を発揮し続けるため、症状が軽度であれば1回の服用で完治することができるのです。

ジスロマックはマクロライド系抗生物質です。
マクロライド系は抗生物質の中では副作用が少ないという特徴を持っているため、妊婦や子供でも服用することができます。
過去にクラミジアの治療の主流であったニューキノロン系の抗生物質もクラミジアに対して有効ではあるのですが、妊娠中の服用はできない薬でした。
妊娠中の母子感染のリスクなどを考えると妊娠中に使用できるという点も主流となっている理由です。

ジスロマックは副作用の少ない薬ですが、胃の弱い方や体質によっては下痢などの症状がでる可能性があります。
そのような場合は1回の服用量を減らし服用回数を増やし少しずつ飲む方法がとられることもあります。
この服用方法で重要なのは自己判断で勝手に服用をやめないことです。
血中に有効成分があることが治療には必要ですが、服用をやめると菌が死滅せず治らないですし、感染している菌が薬に対して耐性をもってしまい治りにくくなるという危険性もあります。
完治するために用法や用量をきちんと守り服用するようにしましょう。