カンジダ膣炎を知っていますか?実は発症率が意外と高いもので、違和感を覚える部分から性病と勘違いされがちですが、カンジダ膣炎は性行為をしなくても発症する可能性があるんです。そんなカンジダ膣炎についての詳細や性病について詳しく見ていきましょう。事前に知識を得ていると対処の難易度が全然違います。

  • ホーム
  • 性病のHIV、エイズってどんな病気?

性病のHIV、エイズってどんな病気?

HIVに感染しただけでは直ちに死ぬことはありませんが、治療をせずに放置しているとエイズへと進展し、死亡することがあります。
HIVは人の免疫システムであるTリンパ球やマクロファージ系(CD4)の細胞に取りつき、自身をコピーして増殖します。
免疫が破壊される過程についてはまだ諸説あり、はっきりと定まっていません。
実際に破壊される免疫細胞の中には非感染のものもあるため、感染細胞によって死へと誘導される説が有力となっています。

免疫が低下してくると、日常生活では感染することがないような様々な細菌やウイルスによる合併症を引き起こすようになります。
この感染症のことを日和見感染と言います。
厚生労働省では23の合併症を定めており、それらの中のいずれかになった時点でエイズとして診断されます。
エイズを発症してしまうと、その後の寿命にも影響を与える他、感染初期から治療を開始していたケースと違い、治療も困難になります。

HIVの初期感染の段階では、高熱や倦怠感、リンパ節の腫れなど、風邪やインフルエンザに似たような状態になります。
これは感染初期では体内の免疫が対処法を知らないため、ウイルスが急激に増殖するからです。
その後感染者の体内で免疫が機能しだすことで、回復します。
しかし人によっては無自覚の人もおり、早期に発見するのが困難なこともあります。
その後はしばらくの間は無症候期と呼ばれる何もない期間がありますが、その間にも徐々に免疫は低下していき、エイズ発症となります。
健康な人は血液1μl中に1000前後のTリンパ球がありますが、200個未満になると免疫不全となります。
このCD4の数値で免疫がどの程度機能しているのか測ることができます。

一言にHIVと言ってもいくつかの種類があります。
まず大きく分けると1型と2型があり、世界で広まっているHIVのほとんどが1型です。
2型はアフリカ西部のごく限られた範囲でしか広まっていません。
1型の中にも3つのグループがあり、そのうちのMグループと呼ばれるものの中には9つのサブタイプが存在しています。
サブタイプによって広まっているエリアは異なりますが、どのウイルスもアフリカに存在しており、起源はアフリカのチンパンジーではないかという説が有力です。

エイズは何故人間に広まったのか

HIVに感染することで免疫機能が極度に低下、通常なら発症しないはずの感染症により死亡する恐れもあるエイズ。
その起源はアフリカ中部のチンパンジーではないかとされています。
というのもチンパンジーからHIVに似たウイルスが発見されているからです。
また1960年代以降保存されている血清にHIV抗体が含まれているか調べたところ、アフリカ中部は他の地域と違い、早い年代から抗体があることが分かりました。
つまりアフリカ中部に暮らす人がHIVに感染したサルやチンパンジーを食べたり、血に触れたことで人間にも感染するようになったのではないかと考えられます。

そしてエイズが人間に広まった理由は、アフリカの植民地化と西洋医学が関係しています。
20世紀初頭、主にヨーロッパによってアフリカは植民地化されました。
奴隷は鉄道建設など厳しい労働を強制され、癒しを売春に求めるようになりました。
けれどもHIVは性行為によって感染します。
売春行為が広まった結果、患者は次第に増加しました。

さらに西洋医学も流入されましたが、当時注射を使用する際は使いまわしや再利用が行われていました。
HIVは血液を介して感染します。
注射器を使いまわすと、血液中に含まれるウイルスが注射器に付着、別の人の血液に侵入してしまう恐れがあります。

このように当時はHIVが精液や血液を介して感染するという知識がなかったため、多くの人が感染しました。
そして交通の便が良くなり、遠く離れた地域ともつながりやすくなったことで、全世界に広まるようになりました。

なおHIVの感染者は未だに増加中です。
その理由としては予防の普及啓発が十分に行きわたっていないことと、予防策がしっかりとられていないことが挙げられます。
またHIV検査を受ける人が少ない国では、未だにエイズの新規発症者が増えています。